SLAM DUNKスラムダンクの都市伝説

tosiden

『SLAM DUNK』(スラムダンク)は、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。またはそれを原作としたアニメ、ゲーム作品。『ドラゴンボール』、『幽☆遊☆白書』と共に90年代半ばのジャンプ黄金期を築き上げた作品である。
SLAM DUNK – Wikipedia

兄妹?

赤木剛憲と赤木晴子は兄妹である。
例え、全く似ていなかったり、中学が違っていても。

続作

作者は気が向けば描くと言っているらしい。

負ける

山王戦は湘北が負ける予定だったという噂。

スラムダンク2

スラムダンクのその後を描いた外国の作品らしい。許可は取ってないもよう。

怪我

桜木花道はリハビリが必要な大怪我を負ったが、作者いわく「どういった怪我かはわからない」らしい。

実写・・・?

中国のスラムダンクコスプレが漫画とそっくりすぎてワロタwwwww …

高身長

スラムダンクに登場する人物の平均身長が高すぎるのでは?といわれている。

煙草

三井寿は煙草を吸っていないらしい。

テーピング

「いいからテーピングだ!」というシーンをもじって「いいからドーピングだ!」というのが某サイトで流行ったことがある。

https://matome.naver.jp/odai/2133647949225615901
2017年11月25日