【紫外線】「5月がもっとも危険ってほんと?」調べてみた

ruru45
紫外線は5月が一番危ない、と聞いたことがあったので調べてみました。もし本当なら、ゴールデンウィークだって真夏と同じ装備で紫外線に向かい合わないといけませんよね…??

・5月がもっとも危険なワケQ&A
・まとめ
・参考リンク集

Q.なんで5月で紫外線が危ないの?

A.紫外線のUV-Aが5月にもっとも多いから

Q.紫外線にはいろんな種類があるの??

A.紫外線には三種類
紫外線はその波長の長さによって
「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」
に分けられます。
「UVC」はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはありません。
紫外線のうち地上に届くのは、「UVA」と「UVB」という2種類の紫外線です。

Q.UV-Aの何が体に悪いの?

A.黒い日焼け、シミやたるみの発生に大きく関わっている

Q.紫外線についてもっと詳しく教えて!


https://matome.naver.jp/odai/2133570732657002701/2133581730564532803
UV-AとUV-Bの違い
UV-A
紫外線の約9割はUVA。
波長が長いため雲や窓ガラスも通り抜ける。このUVAは肌の真皮にまで到達し、肌のハリ、弾力に大切なコラーゲン線維・エラスチン線維を切断させ、シワやたるみ(光老化)の原因になる。また皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力も低下させます。

UV-B
オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動する。浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)をする。大量に浴びると免疫力の低下や、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがある。7.8月に多い。

まとめ

・シワやたるみの原因になる紫外線UV-Aが5月に多い

・5月は夏じゃないからと日焼けを怠ってしまうので、さらに日焼けしやすくなる!油断してしまうところも含めて、5月が危険!!

・室内にも紫外線は入ってくるので、日焼け対策は万全に。

・もうひとつの紫外線は真夏に多いので、紫外線対策に手をゆるめるな!!

参考リンク集

当然、数値が高いほど日焼け止め効果が高いといえますが、SPF値が30を超えるとそれほど効果に差はなく、比例して効果の高い日焼け止めは肌への負担も大きくなります。

https://matome.naver.jp/odai/2133570732657002701
2012年07月06日