【民話の里『遠野』参拝旅行】

HOPE
柳田國男の遠野物語のもととなった町であり、河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」で知られる。また、岩手県で二番目に高い山、早池峰山の一部も市域にある。

悪用厳禁!すごい護符↓
https://matome.eternalcollegest.com/post-2133848071492133001

東北の世界遺産『平泉』『白神山地』↓
https://matome.eternalcollegest.com/post-2133506414106508501

【そーだったの・・・】おみくじの正しい読み方↓
https://matome.eternalcollegest.com/post-2136936917726547901

遠野郷八幡宮 とおのごうはちまんぐう

岩手県遠野市松崎町白岩23-19

御祭神
誉田別尊
配祀 大國主神 事代主神 少彦名神 御年神岩手県遠野市にある。
遠野駅の北東、約2Kmの松崎白岩に鎮座。

社殿左手には旧拝殿。境内に右手には、幾つかの境内社が並ぶ。
不動神社、鍛冶神社(御神刀鍛錬殿)、
甲子神社、天満宮、山神社、稲荷神社。
その他 十二支社が並び、それぞれに子丑寅卯・・
酉は不動神社で、戌亥は、八幡宮本社となっているようだ。

創建は文治5年(1189)。
平泉の藤原氏を追討した源頼朝から、遠野郷を賜った
阿曾沼広綱が、宇夫方広房を代官として送り、
松崎村駒木に堀合館を築き、氏神である八幡を祀ったという。
その後、建保年中、阿曾沼親綱が、横田城を築くと、
城の北東(鬼門)である松崎村光興寺宮代に八幡宮を勧請。
寛文元年(1661)、南部直栄が、現在地に遷座させた。
昭和25年、八幡神社から、現社名へ改称した。
遠野を含めた南部領では、
神意を獅子頭に移したものを権現様(ゴンゲサマ)と呼ぶ。
『遠野物語』に、当社のゴンゲサマに関する記述がある。

ゴンゲサマといふは、
神楽舞の組ごとに一つづつ備はれる木彫の像にして、
獅子頭とよく似て少しく異なれり。
はなはだ御利生のあるものなり。

新張の八幡社の神楽組のゴンゲサマと、
土淵村字五日市の神楽組ゴンゲサマと、
かつて途中にて争ひをなせしことあり。
新張のゴンゲサマ負けて片耳を失ひたりとて今もなし。
毎年村々を舞ひてあるくゆゑ、これを見知らぬ者なし。

ゴンゲサマの霊験はことに火伏せにあり。
右の八幡の神楽組かつて附馬牛村に行きて日暮れ宿を取りかねしに、
ある貧しき者の家にて快くこれを泊めて、
五升桝を伏せてその上にゴンゲサマを据ゑ置き、人々は臥したりしに、
夜中にがつがつと物を噛む音のするに驚きて起きて見れば、
軒端に火の燃え付きてありしを、
桝の上なるゴンゲサマ飛び上がり飛び上がりして火を喰ひ消してありしなりと。

子供の頭を病む者など、よくゴンゲサマを頼み、その病を噛みてもらふことあり。

-『遠野物語 第110話』より-

伊豆神社 いずじんじゃ

岩手県遠野市上郷町来内第6地割32-2

御祭神
瀬織津姫命 俗名 おない
遠野三山の姫神の母神遠野市来内にある。
遠野駅から来内川にそって南下し、6Kmほど。
道路わきの入口をはいり、赤い鳥居をくぐって、
少し登った丘の中腹に鎮座している。
木々の間、射し込む木漏れ日の間に社殿が見える。

神社名伊豆神社 (旧社格 無格社)
鎮座地遠野市上郷町来内第六地割三十二番地ノ二
祭神瀬織津姫命(セオリツヒメノミコト) 俗名 おない
遠野三山(早池峰山、六角牛山、石上山)の守護神の母神
例祭日旧暦 九月十七日、現在では十月の第四日曜日と改められた。

坂上田村麻呂が延暦二年(西暦七八三年)に征夷大将軍に任命され当地方の征夷の時代に此の地に柘植の一手段として一人の麗婦人が遣わされ、やがて三人の姫神が生まれた。三人とも、高く美しい早池峰山の主になることを望んで、ある日この来内の地で母神の「おない」と三人の姫神たちは、一夜眠っている間に霊華が胸の上に授かった姫神が早池峰山に昇ることに申し合わせて眠りに入った。夜になって聖なる花が一番上の姉の姫神にあったのを目覚めた末の姫神がみつけそっとそれを自分の胸の上に移し、夜明けを待って早池峰山に行くことになり、一番上の姫神は六角牛山へ(石神山へとの説もある)二番目の姫神は石神山へとそれぞれ別れを告げて発って行った。此の別れた所に神遣神社を建立して今でも三人の姫神の御神像を石に刻んで祀っている。
大同年間(八〇六-八〇九年)早池峰山を開山した四角藤蔵(後に姓を始閣と改めた)が来内権現の霊感を得て故郷の来内に戻り、自家の裏に一草堂を建てて朝夕これを崇拝したとのことである。当時この話を聞いた伊豆走湯関係の修験者がはるばる此の地に来て権現の由来を基に獅子頭を御神体として奉ったものである。故に伊豆大権現と称され千二百年以上にわたり広く信仰を得て来たものなり。明治維新後に伊豆神社と改めて現在に至っている。この獅子頭は桐を素材とした見事な彫刻で漆の上に金箔を貼った跡があり古色蒼然としており、大変貴重な文化財産である。去る昭和五十六年二月二十三日に遠野市より市の文化財として指定を受けている。山にも木にも石にも神様が宿っておられる。厳しい自然環境の中に神とともに生きる町ー遠野。その中でもこの伊豆神社は遠野の神社の始まりであり、我々は遠野に住む者として更には日本人としての認識を改めるとともに、この貴重な歴史的神道遺産を大切に守り次の世代へと申し送って行かねばならない。

神遣神社 かみわかれじんじゃ

岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛神遣峠

早池峰神社末社
遠野市附馬牛町にある。
遠野の中心から北へ早池峰方向へ向かう途中。
神遣峠を少し下った所。道の側に鎮座。周囲は鬱蒼とした林。
当社の周りだけではなく、早池峰へ向かう道はずっとこんな感じ。

社殿内の三女神の像
遠野三山の三女神が、それぞれの山へ向かう起点。
神々がここで別れたために、神遣(かみわかれ)と呼ばれている。遠野物語では、伊豆神社で、三女神の山が決定する一夜を迎えるが、
他の伝説では、当社となっている。
伊豆神社の由緒では、伊豆神社で夢の話があり、
当社で別れたと記されていた。

社殿といっても簡素なものだが、中に、三女神の像が祀られている。
社殿の左後方には、大正11年の石碑に、
「斉衡年中慈覚大師開基」「早池峰二十末社之上首」とある。

神遣神社由来板
遠野三山は、古くから霊場として信仰の対象とされてきましたし、民話や伝説の類もこの三山にまつわるものが多くあります。次の話はその代表的な物語りです。「大昔に女神あり、三人の娘を伴ひてこの峠に来たり。三人の娘の名は姉娘が「おろく」次娘が「おいし」末娘が「おはや」という。この神社に宿りし夜、今夜よき夢を見たらん娘よき山を与ふべしと母の神語りて寝たりしに、夜深く天より霊華降りて姉の娘の胸の上に止りしを、末の娘目覚めてひそかにこれをとりわが胸の上にのせたりしかば、つひに最も美しき早池峰を「おはや」が得、姉たちは、「おろく」が六角牛、「おいし」が石神(石上)とを得たり。若き三人の女神各三つの山に住し、今もこれを領したまふゆえに遠野の女どもはその妬みを恐れて今もこの山は遊ばずといへり。

続石 つづきいし

岩手県遠野市綾織町上綾織山口

続石
遠野市綾織町にある。
遠野から花巻へ向かう396号線の側に入口があり、数分登っていく。ものすごく神秘的なところ。

鳥居のようになっている続石
遠野三山・石上山の南麓にあり、字名は山口なので、石上山への登り口であり、石上山の遥拝所として
山神を祀っているのだろう。
その祠の前に、2mほどの2つの巨石の上に、
7mの笠石を載せた鳥居状のドルメン。
実際は、笠石は祠に向かって左側の大石の上にだけ載っている。
鳥居状なので、もちろん人間が立ったまま歩いて通ることもできる。『遠野物語』第九十一話には、この続石の奥で、
鳥御前と呼ばれていた鷹匠が、赤顔の男女と遭遇。
いたずらに刃物を抜いたところ、赤顔の男に蹴り飛ばされ、失神した。
山神の遊び場を汚したとされて、その祟りでその後死んだという話が載っている。

続石
小高い杉林のなかに、古代巨石文化がのこしたものといわれている大きな石があります。二つならんだ石の一方の上に、幅7メートル、奥行5メートル、厚さ2メートルほどの巨石が笠石としてのっています。
弁慶がそばの石に笠石をのせたら、位の高い石なのに大石の下になるとは残念と嘆いたので、いまの石の上におきかえたという話を、『遠野物語拾遺』第11話が伝えています。

母也明神 ぼなりみょうじん

岩手県遠野市松崎町松崎矢崎

御祭神

矢崎の巫女

遠野市松崎町にある。
遠野駅の北5Kmほどの矢崎。
猿ヶ石川の西の丘の中腹に鎮座。

入口は、道路から少し入った場所で、最初、見落としてしまった。
入口に案内板があるのだが、狭い山道の道が上に続いている。
100mほど登ると、小さな小屋のような祠と鳥居がある。

社殿と鳥居
遠野の巫女を祀った祠。
自然の驚異と、人間の小賢しい謀の物語りだ。母也と書いて「ぼなり」と読む。
遠野の地名にはアイヌ語の痕跡が多いようだが、
元はどういう意味だったのだろう。
一説には、ボナリやオナリは、巫女を意味する古代語だそうだが、
イナリ(稲荷)にも通じるのだろうか。

母也明神の由来
矢崎堰(せき)は、大同年間(一、一八〇年前)に造られたと伝えられる。
昔、矢崎の巫女(みこ)がいた。一人娘に婿を取ったが気に入らず、何とかしたいものだと機会を待っていた。その頃、猿ヶ石川から田に水を引く堰の止めが、毎年大水の為にやぶられ、困りぬいた村人達は巫女に伺いをたてた。ここぞとばかり巫女は、「神のお告げだ、白い着物を着て白い馬に乗って通る者があるから、その人を堰口に沈め、堰の主になってもらうしか方法がない」と教えた。
一方、巫女は気に入らない婿に白い着物を着せ、白い馬に乗せ隣村に使いに出した。村中を通りがかったその婿を見た村人は「堰の主になってくれ」と頼んだ。
婿は運命とあきらめ快く承知したが、それを知った巫女の娘である妻も白装束になり、男蝶女蝶の二人揃ってこそ真があると、二人で白い馬に乗って、堰口に沈んだのである。
その後大雨が降り、堰口に大きな二つの岩が現われ、村人はこれを足場に止めを築いた。巫女は、可愛い娘まで失った事を深く悔み悲しんで毎日泣き暮れ、同じ場所に入水して死んでしまった。
堰には、主となった夫婦と、白馬を祀る堰神様があり、巫女の屋敷跡に巫女の霊を祀ったのが母也明神であると伝えられており、巫女塚は巫女の墓と伝えられている。

石上神社 いしがみじんじゃ

岩手県遠野市綾織町みさ崎

御祭神
經津主命
配祀
伊邪那美命 稻蒼魂命遠野市綾織町にある。
綾織駅の北、3Kmほど。
遠野から花巻へ向かう396号線から、
砂子沢川に沿って北へ進むと、
道路の右手に鎮座している。

奥宮は、石上山(1038m)の山頂にあり、
こちらは里宮にあたる。

社殿
通称、お石神さん。
遠野三女神の次女(長女という説もある)を祀るという伝承がある。『綾織村郷土誌』には、
石上山の麓、砂子沢の奥蔵というところに、舟石があり、
三人の女神が、来内の権現から乗って来て、
ここで降り、附馬牛の神別れまで行ったとある。

由緒
遠野三山の一つ石上山のふもとに鎮座し、経津主命・伊邪那美命・稲蒼魂命をまつり例祭日は8月7日である。文治年中阿曽沼広綱が頼朝から遠野郷を賜りその一族が入部の際勧請したと伝えられ、その後南部氏の代になっても領主の信奉篤く老臣新田氏に例祭をつかさどらせた。
明治42年同部落にあった熊野神社と稲荷神社を合祀する。奥宮は石上山頂にあり里宮は石上新山宮として鵢崎の地に鎮座す。

六神石神社 ろっこうしじんじゃ

岩手県遠野市青笹町中沢第17地割131

御祭神
表筒男命 中筒男命 底筒男命 息長帶姫命 大己貴命 少彦名命
合祀 誉田別命
拝殿
当社は、六角牛山(1294m)山頂にある奥宮に対する神社。
大同二年に、奥宮に薬師、山麓に不動と住吉三神を祀ったが、
その後、嘉祥年代(848-851)に山麓の社を元住吉に遷座。
さらに、現在地に移る。また、山頂の奥宮が、再三山火事の被害にあうため、
文治5年(1189)阿曽沼公石洞に新山宮として祀り、
さらに、当社に合祀し、明治になって六神石神社と改名。
というわけで、山麓だが、里宮というわけではなく「新山宮」。

大草里や赤沢に、六角牛神社里宮があるらしい。

遠野三山の一つ六角牛山のふもとに鎮座し、表筒男命・中筒男命・底筒男命・息長帯姫命・大己貴命・少彦名命・誉田別命を祀る。例祭日は旧8月15日であったが、現在は9月23日に行っている。
人皇第51代平城天皇の御代、大同2年(807)時の征夷大将軍坂上田村麻呂蝦夷地平定のため蒼生の心伏を願い神仏の崇拝をすすむ。時に六角牛山の頂に薬師如来、山麓に不動明王、住吉三神を祀る。爾来陸奥の国中の衆民、衆団をなして登山参拝あとを絶たず、霊山として山伏の修行者も多く集まる。
第54代仁明天皇の嘉祥年代(848-851)元住吉といえる地に社殿を建立し、住吉神を遷し奉り住吉太神宮と称す。
山頂の堂宇、再三の山火事に被災し、後鳥羽天皇の文治5年(1189)阿曽沼公石洞の地に神地を寄進して神殿を建立し、山頂の祭神を遷奉り六角牛新山宮と称し、六角牛山善応寺を創設し祭事を司掌させた。後に住吉太神宮の新座地を川向い(現在の六神石神社の地)に定め奉遷す。
寛文年中(1661-1673)南部領となるに及び社領95石を寄納される。六角牛新山宮は住吉太神宮に合祀される事となり、享保10年(1725)奉遷。明治5年(1872)六神石神社と改める。

早池峰神社 はやちねじんじゃ

岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛第19地割81

御祭神

瀬織津姫命

遠野市附馬牛町、早池峰山の南麓にある。
遠野の中心部から早池峰山へまっすぐに向かった突き当たり。
社前で、道路が分岐していて、学校の隣にある。

当社は、早池峰山(1917m)山頂にある奥宮に対する里宮。
早池峰山への登山口は、東西南北に存在し、
四方の登山口それぞれに早池峰神社がある。
西の登山口(大迫町)には、元池上院妙泉寺であった早池峰神社。
東の登山口(江繋)には、元新山堂であった早池峰神社。
北の登山口(門馬)には、元新山大権現であった早池峰神社。
そして当社、南の登山口には、元持福院妙泉寺であった早池峰神社。

境内と本殿
大同元年(806)、来内村の猟師藤蔵が山中で十一面観音の尊像に遭遇。
感銘して、後に早池峰山山頂に奥宮を建立した。
その後、藤蔵は普賢坊と名を変え、現在地には新山宮を建立した。斎衡年中(854~857)、慈覚大師が当地に宮寺を建立し、
山頂の霊池に因んで妙泉寺と名づけ、新山宮を神宮とした。

明治の神仏分離により、早池峰神社と改称した。

当地(遠野)と早池峰山との間には、前薬師と呼ばれる山があり、
直接、早池峰山の全容を見ることはできない。

本社早池峰神社
霊峰早池峰の山霊を祀り併せて早池峰山と共に遠野三山とよばれる石神、六角牛の山霊を祀る。草創は大同元年(西紀八〇七)三月八日猟師藤蔵(後に始閣と定む)が早池峰山頂に於て権現垂跡の霊容を拝して発心、山道を拓いてその年の六月十八日山頂に七尺有余の宮を創建して祀ったのがこの社の始まりである。山頂の社は本宮と称し、承和十四年(西紀八四七)六月十八日藤蔵薙髪して普賢坊の長子長円坊が本宮の傍に新たに建立した若宮と共に現在この早池峯神社の奥宮として祀る。
嘉祥年間天台の高僧慈覚大師奥州巡歴の途次この地に至り宮寺妙泉寺を創建して坊を大黒坊と称し不動三尊・大黒一尊各々本尊を別に新山宮と号し三間四面の宮を建立し早池峯大権現を祀り、脇士として薬師・虚空蔵菩薩を併祀。坊には高弟持福院を住職とし神宮には長円坊を別当として神徒として仕うべきを命じた。祭祀は神仏混淆で盛大に行われて信仰は県外に及び阿曽沼親綱の時代に百二十石その後南部直栄より六十五石計二百石封祿寄進され明治維新に至り排仏棄釈により妙泉寺は廃され新山宮改め早池峯神社として現在に至った。その間寛治年中妙泉寺の宗派が天台宗から真言宗にかわり文治五年火災にて全焼する等の変革を経て現在の社殿は享保三年の建築で東西四十三尺一寸、南北三十三尺七寸有り用材は主として楢・栗等を使用している。その他神楽殿、神門、黒門、社務所等の備有り、神門は文化年中の建立でもと仁王門と称し仁王を安置していたが、妙泉寺の廃寺と共に土渕の仏師田中円吉作の随神像に替えた。昔は古例として年七回の祭儀を執り行ったと伝えられる。今は年一回旧暦六月十八日に例祭を行っているが近くの滝川に神輿を渡御して川の水を濯ぐ行事は京都の祇園御霊会の神輿洗いの行事と同じく上代に於け祓式を存じ他に余り例が無いと云われている。

コンセイサマ こんせいさま

岩手県遠野市土淵町

御祭神

金精様

遠野市土淵町にある。
遠野駅から340号線を北東へ6・7Kmの場所。

遠野では有名な観光地なので、誰に聞いてもわかると思う。

境内には社殿が一つ。

社殿の中に、男根形の石神が祀られており、
これが、昭和47年に発見されたコンセイサマ。

境内には、男女の性器の形の石もあり、
ここまでの道にも幾つかの男根石がある。
遠野には、このように男根の形の石神が多く祀られている。
有名なところでは、ここ山崎のコンセイサマ、程洞のコンセサマ、荒川の金勢社など。

社殿内に祀られているコンセイサマ
コンセイサマの神徳には、3種類あり、
子宝の神、婦女子の病気平癒、馬の息災を願う。

山崎のコンセイサマ
遠野には多くの素朴なコンセイサマが子授けや豊作の願い神としてまつられていますが、昭和47年に発見されたこのコンセイサマは高さが1.5メートルもあって最大です。
背後の山頂の賽の河原と一対にして、中世の人びとは”死と再生の地上まんだら”をここにつくっていました。

コンセイサマ
コンセイサマは、金勢様又は金精様と書きます。子宝を願う婦女子が、ここに奉納されている赤い小枕を一つ借りてきて腰元に置き、願いが叶えられれば二つにしてお返しするならわしです。
御神体は、男性の象徴を現し、すべての物事を神に結びつけた民間信仰に由来するもので、これは駒形信仰とも混同されるようになりましたが、本来は生産の神として信仰されたもののようです。

倭文神社 しとりじんじゃ

岩手県遠野市土渕町土渕18地割174

御祭神

天照皇大神 下照姫命 瀬織津姫命

遠野市土渕町にある。
遠野駅から340号線を北東に3Kmほど。
そこで右折するのだが、その角に倭文神社の案内板がある。
そこから少し走ると、境内入口があり、南の山へ向かって参道がのびている。
坂道を登ると、涼しげな境内。見様によっては怪しげな雰囲気。

境内の左手にある境内社・普賢社の中には仏像があった。
社名から普賢菩薩と思われる。

本殿
明治までは文殊様と呼ばれており、
現在も拝殿の額には、「文殊社」とある。
文殊菩薩は、普賢菩薩と共に、釈迦如来の脇侍。如来とは悟りを得た、世界の中心。
菩薩は、悟りを得る前段階の存在で、観音菩薩や地蔵菩薩が有名。
悟りを得る前というのが本来の姿だが、あるいは、すでに悟りを得ており、
その慈悲の性によって、人々の救済を願って活動している存在とも考えられている。

文殊は、特に「三人寄れば文殊の智恵」というように、
智恵に長けた菩薩。智恵の象徴と考えられている。

由緒
五日市館主橘家の守護として、文殊菩薩を勧請崇敬せり。慶長年間(西暦一五九六年)鱒澤氏の反軍に敗れ修験道に帰依、以来修験道並びに諸士の修業道場となり、以来明治維新迄諸方より入峯参籠断食祈祷するもの多く、以後倭文神社と改め全村の諸社ここに合祀して今日に至る。現在も一般に文殊さまと、呼び智恵の向上を祈り学業の大文字を奉納筆蹟の上達を祈願す。

当神社の例祭日は旧暦7月25日であったが、現在は8月20日に行っている。勧請年月日は明らかではないが、昔から「お文珠様」と呼ばれていて、例祭には学童たちが習字を奉納して筆写の上達を祈った。御祭神は天照皇大神・瀬織津姫命・下照姫命である。明治維新後、倭文神社と改めた。

卯子酉様 うねとりさま  ★恋愛の神様★

岩手県遠野市遠野町2地割

御祭神

淵の主

遠野市にある。遠野駅の西2Kmほど。
遠野市街地から猿ヶ石川に沿って西へ行くと、
愛宕山の下に、こんもりと茂る杜が見える。

恋愛の神様としてカップルがよく訪れるのが、この小さな祠です。境内の無人売店で売っている赤い布を、左手だけで木に結ぶことができれば、恋人と結ばれるというご利益が!

卯子酉様
遠野一帯が大きな湖であったその昔、鮭の背にのって宮家と倉堀両家の先祖が猿ヶ石川をさかのぼってここにたどりついたという話があります。
境内の小さな池は淵のあとでここの片葉の葦に恋の願いを書いた紙を結びつけておくと願いがかなうと伝えられています。
『遠野物語拾遺』第35話にも不思議に男女の縁が結ばれたろ書かれています。

関連情報

https://matome.naver.jp/odai/2133568794555404501
2014年02月24日