ソーシャルメディアを利用したコミュニケーション 「リスニング(傾聴)」まとめ/Swapskills

サバコ
■開催日:2012年4月22日(日)13:20 〜 17:00 ■概要:ソーシャルメディア”との連携で何が変わる?ベールを脱いだ、実力者たちの戦略は? ソーシャルメディア「リスニング(傾聴)」

登壇者

萩原 雅之(はぎはら まさし)氏/(トランスコスモス株式会社)
井出 一誠(いで かずあき)氏/(株式会社ガイアックス)
武田 隆(たけだ たかし)氏/(株式会社エイベック研究所)

セミナーのPOINT

インターネットの登場により、アンケート・インタビュー以外のヒアリングができるようになった。

検索数の推移、ソーシャルメディアの書き込み、企業コミュニティの作成・運営、脳波などテクノロジーを活用したもの・・・傾聴には様々な種類がある。

個人が特定できるソーシャルメディアの書き込みは、気遣いや見栄が含まれることがある。

傾聴は、自分の発言が社会をよくする活動に関与できたという満足感を感じてもらうことができ、企業への感謝を生む。

傾聴に使えるツール

自社のサービス名で検索し、どのようなことがつぶやかれているか確認。アクティブサポートにも活かせる

指定したキーワードが検索数全体に対してどのくらいの割合を占めているかのデータを示す。

Topsy Labs, Inc.が提供しているリアルタイム検索のサービス。Twitterを中心とするリアルタイム性の高いメディアに特化して検索を行うことができる。

特定キーワードのツイーとを収集できる

上記以外にも、価格com、@コスメなどの口コミ系サイト/ブログ/知恵袋/MROCなどがあります。

リンク集

セミナー公式サイト

http://sabako.ldblog.jp/archives/6231420.html

https://matome.naver.jp/odai/2133566797053926001
2012年04月29日