【奇怪】世紀末芸術館【耽美】

revanilla7
GWに遠出できない方の為に自宅で美術館気分を味わってもらえるよう、世紀末芸術(絵画)をまとめてみました。

世紀末芸術とは?

世紀末芸術(せいきまつげいじゅつ)とは、1890年代から20世紀初頭にかけて、おもにヨーロッパの都市を中心に流行した諸芸術のなかで一定の傾向を示す一群のことを指す。一般に、幻想的・神秘的・退廃的な性格を有するとされる。(ただし、一定の流派を指す用語ではない)

「世紀末芸術」(2012年4月19日 (木) 20:42(UTC)版)『ウィキペディア日本語版』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%B4%80%E6%9C%AB%E8%8A%B8%E8%A1%93

============================================

オーブリー・ビアズリー

オスカー・ワイルド『サロメ』挿絵(1894)
『Bathyllusの白鳥の踊り』(1894)
アリストパネス『女の平和』挿絵(1896)

========================================================

グスタフ・クリムト

ダナエ

この絵は、有名なギリシャ神話をテーマにしている。
美しい娘ダナエは父であるアルゴス王アクリシオスによって青銅の塔に閉じ込められたが、ゼウスは黄金の雨になって塔に入りダナエと交わった。そうして生まれたダナエの子がペルセウスである。
この絵の中で、ダナエの両脚の間を流れる黄金の雨はゼウスの象徴である。

「ダナエ」(2011年9月23日 (金) 14:00(UTC)版)『ウィキペディア日本語版』

クリムト『死と生』1907-1911年
ユディト

ユディト(Judith)は旧約聖書外典の1つである『ユディト記』に登場するユダヤ人女性。

「ユディト」(2011年12月10日 (土) 08:17(UTC)版)『ウィキペディア日本語版』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%88

============================================

ヤン・トーロップ

『3人の花嫁』(1893)クレラー・ミュラー美術館蔵

============================================

ジェームズ・マクニール・ホイッスラー

『白のシンフォニー第1番-白の少女』1862年

============================================

アントワーヌ・ヴィールツ

麗しのロジーヌ(1847年、ヴィールツ美術館収蔵)

============================================

アントニ・ガウディ

カサ・ミラ
コロニア・グエル教会地下聖堂

============================================

オディロン・ルドン

『泣く蜘蛛』1881年
『サボテン男』1881年
『森の精神』1880年
眼=気球(1878)
『仏陀』1904年
『キュクロプス』1914年
『喚起』

============================================

アルノルト・ベックリン

『死の島』1880年

============================================

エゴン・シーレ

『予言者』1911年

========================================================

ジョヴァンニ・セガンティーニ

『嬰児殺し』1894年

========================================================

============================================

コロマン・モーザー

Venus in der Grotte (ca. 1915)

========================================================

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ

レディ・リリス(1868年)

============================================

エミール・ガレ

Roubaix Piscine

============================================

フェリシアン・ロップス

『漂着物』口絵(1866)
『ポルノクラート』エッチング&アクアチント
『毒麦の種を蒔くサタン』(1882年)

============================================

ギュスターヴ・モロー

『ユピテルとセメレー』1894-95年

============================================

装飾パネル連作『四季』(1896) 『春』
『スラヴ叙事詩』の1枚(1912)

============================================

カルロス・シュヴァーベ

『墓掘り人夫の死』

============================================

エドヴァルド・ムンク

============================================

フランツ・フォン・シュトゥック

『スフィンクス』(1920年)
『罪』(1893年)
『サロメ』(1906年) レンバッハハウス美術館

============================================

https://matome.naver.jp/odai/2133463544876095601
2016年12月07日