日本人・日本企業によるソーシャルビジネス

haru_doku

カンボジアでクッキーの製造、販売

カンボジアでコショウを生産、販売

ようこそクルクメールへ!
17歳から30歳までの若きカンボジア人12名と日本人3名が、今日も工房で素敵プロダクツを作っています。

ケニア・ナッツの創業者。http://globe.asahi.com/breakthrough/100222/01_01.html

(ひと)柏田雄一さん 「ウガンダの父」と呼ばれる衣料メーカー経営者

アフリカ東部ウガンダで衣料メーカーを設立し、来年で50年になる。「ウガンダの人々に支えられて、何とかここまでやってこられた」。いまも社長として約330人の現地従業員を引っ張る。

大阪府出身。大阪外大を卒業後、就職した大阪の衣料メーカーで社長に呼ばれた。「ウガンダでシャツが売れとる。灼熱(しゃくね…

インドの中でも最貧困といわれるビハール州の貧困解決を目指し、
ブッダガヤのスジャータ村を拠点に、村の女性たちに裁縫の指導をしながらものづくりをしています。

http://globe.asahi.com/breakthrough/110307/01_01.html

Lalitpur(ラリトプール)は
ネパール発のオーガニックスキンケアのブランドです。

ハチミツとは何でしょう。その甘さの中には、ミツバチと自然の1億数千万年にも及ぶパートナーシップが詰まっています。そこに人が関わると、グローバルに地球を守る、グローバル環境パートナーシップが生まれるのです。
ハチミツを食べながら、世界に樹木を植えていきましょう!

岩手の被災地で椿油を使ったコスメをつくるなど。
http://kesentsubaki.jp/index.html
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20150310.html

枋迫篤昌氏により設立された。http://doraku.asahi.com/hito/runner2/090707.html

梅本 優香里氏によって設立された。http://umemotoyukari.blogspot.jp/

中村 俊裕氏により設立された。

ろ過装置を使ってソーシャルビジネスに取り組んでいた山梨県甲府市の企業
http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/130331.html

日本の米とは異なる品種のカンボジアの米を精米できる精米機をカンボジアで開発し、販売を始めた。未来世紀ジパングで紹介される。

http://www.tablefor2.org/

元受刑者らを雇用する企業理念
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140115/ecd1401150600000-n1.htm

障害者ショコラティエによる高級ショコラの製造

障碍者雇用を積極的に行っている会社。

ガーナ栄養改善プロジェクト、キャッサバプロジェクトなど。

P&Gでは開発途上地域や、災害、紛争などの被災地に、米国疾病対策センターと共同開発した簡易浄水剤を無償、もしくは非営利で提供しています。

2000 年にインドで立ち上げられたシャクティの取り組みは、インドの農村部に住む女性に個人事業主となってもらい、ユニリーバの製品を訪問販売してもらう試みです。シャクティに参加した女性は一家の収入を倍増させるとともに、誇りを持って充実した生活を送ることができるようになりました。私たちは現在、スリランカ、バングラデシュ、フィリピンでも同様の取り組みを行っています。

世界最貧国における貧困や栄養不良に立ち向かう上で有効な手段となりうるという共通の考えを見出しました。グラミン銀行とダノングループは、バングラデシュにグラミン・ダノン・フーズを共同で立ち上げ、2007年には小さな工場にてヨーグルトの生産を開始。2007年12月にはソーシャル・ビジネスへの出資を目的に、ダノン・コミュニティーズが設立される。

グラミンバンクグループのグラミン・ヘルスケア・トラストと合弁

バッテリーの再生に取り組む企業 http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/130331.html

https://matome.naver.jp/odai/2133457298271832101
2018年05月26日