(おもしろ)ギネス認定、史上最も複雑で大規模なピタゴラ装置

hokkoricafe2
パーデュー大学で開催された年次コンテストに、史上最も複雑で大規模な仕掛けとしてギネスブックに認定された「ピタゴラ装置」が登場した。

世界最大のルーブ・ゴールドバーグ・マシンとして自らが持っていたギネス記録を打ち破った

風船を膨らませて破裂させるまでを300の工程で実行するマシンを作った

ルーブ・ゴールドバーグ・マシンとは

普通にすれば簡単にできることを、手の込んだからくりを多数用い、それらが次々と連鎖していくマシンのこと
日本で言うところのピタゴラ装置。
パーデュー大学では1987年からコンテストを開催している

複雑な仕掛け

トーストを焼く、オレンジを絞ってジュースにする、ハンバーガーを作る、CDプレイヤーにCDを挿入する、目覚まし時計のアラームを止める、封筒に消印を押す、鉛筆を削る、植物に水をやるといったこともできる機械が完成した

コンテストの出場作品は体積が5.6立方メートル以下でなければならないというルールがある

ふたつの回転翼にさまざまな作業の多くの部分を担わせることで、これを実現した。

優勝作品はセント・オラフ・カレッジの作品

2011年の優勝作品

2010年の優勝作品

https://matome.naver.jp/odai/2133419191649992101
2012年04月12日