毒・・・そう、これが私のスタンド能力

makumahonn

毒蛇ってどんな奴らだろうか?
昨日のニュースで気になったのでまとめてみる
うちにもヘビ居るしね。

インド語でおk?まぁ、とにかく昨日の段階で結構ニュースになってたから
3つの頭のコブラの話は無しでね。

1 毒の強さとは・・・
ヘビの毒の強さは一般的にLD50(半数致死量)で表され
簡単にいうと投与した動物の半数が死亡する用量をいう

2 神経毒と出血毒
毒蛇といわれて思いつく人も多いはずのコブラ科
彼らは主に神経毒を持っており噛まれたら神経伝達を攪乱し
骨格筋を弛緩或いは収縮させ、動けなくなったり。
横隔膜が麻痺することで呼吸困難に陥り絶命する

次に出血毒のヘビに噛まれたら血管内に微小な凝固を発生させ、その際に凝固因子を消費する為、
逆に血液が止まらなくなる。さらに、血管系の細胞を破壊することで出血させる、
ようは血液の循環を妨げ、壊死を引き起こすということだね。
なお出血毒のヘビにはマムシやハブなどがいます~

3 ヘビ界の4分の1が毒持ち
多いと思うか、少ないと思うか?
ヘビ界約3000種ほど生息するとされている中の25%が毒を持ってます
毒蛇のうち半数ほどがコブラ科及びウミヘビ科であり、残りの半数のうちの半分がクサリヘビ科
そしてもう半分がナミヘビ科およびモールバイパー科とされる
なので毒蛇=コブラの考えは妥当だな・・・

ヤマカガシ LD50=0.27mg/kg
日本のほぼ全土に生息するこのヘビ
実はマムシやハブより強力な毒を持っている
死亡事故も数件報告され、初めて毒蛇と認識されたヘビである
サハラツノクサリヘビ LD50=0.4mg/kg
砂漠と同化しまた疾走する姿をテレビで見た人も多いはず
立派な毒蛇です、毒性は決して強くないがビジュアル性はトップクラスである

https://matome.naver.jp/odai/2133268018782382801/2133268594382718003
タイガースネーク LD50=0.214mg/kg
上から数えたほうが早いくらいの毒性を持つヘビで
人に対する致死量が0.6mgなのに対し
一咬みで26.2mgを注入するといわれている
インランドタイパン LD50=0.025mg/kg
追い詰めれられたりしない限り噛み付いてこないそうですが
こんな見た目からして危険なヘビを追い回すヤツいるのかな?
インドコブラ LD50=0.45
コブラのように体の大きい種類は
注入される毒の量が多いので十分注意が必要だ
ま日本には居ないんですがね・・・

毒性ナンバーワン!! ベルチャーウミヘビ 画像無し!!許せ!!
LD50はなんと 0.0001mg

その名の通り海蛇であり陸と海ヘビの中で一番毒性の強い毒を持っている
やはりというべきかかなり臆病な性格であり襲われる危険性は低いとの事
しかし、噛まれて毒が注入されたら、海から上がる前にポックリ逝っちゃうよぉ

https://matome.naver.jp/odai/2133268018782382801
2012年03月25日