春までに覚えておきたい花粉症対策!

yuki9110
花粉症に対する知識や対策をまとめておきました!詳しい人からすれば当たり前かもしれません。

まずは花粉症について正しい知識を身につけよう!

花粉症とは、スギ花粉などによって起こるアレルギー性疾患のことです。
花粉症のアレルギー症状は花粉が目や鼻の粘膜に接触することで現われてきます。
花粉が鼻のなかに吸い込まれると、アレルギーを起こす物質である抗原(アレルゲン)が花粉から溶け出し、この抗原と闘うために人間は体内で抗体を作り出すのです。
抗体は、抗原を捕まえるときにヒスタミンなどいくつかの物質を放出するので、これが神経を刺激して炎症を起こしてしまうのです。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/01/post_50.html

花粉って遺伝するの?

花粉症は遺伝するのか?結論からいうと、残念ながらアレルギー性の病気には遺伝が深く関わっています。
つまり、花粉症も遺伝が少なからず関わっているのです。
まず、花粉症が遺伝するというよりは、アレルギー体質が遺伝することがわかっています。
しかしアレルギー体質が遺伝しても必ず発症するわけでもありません。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/01/post_44.html

花粉症って一種類?

花粉症の種類を大きく分けると樹木と草花に分けられます。
樹木系花粉では草花系花粉と比べて花粉飛散距離が長いという特徴があり、樹木の代表的な花粉としてはスギ花粉、ヒノキ花粉、ハンノキ花粉など。
草花の代表的な花粉は、カモガヤなどのイネ科植物、ブタクサ、ヨモギなどのキク科植物があります。
しかし日本の花粉症患者の約80%はみなさんご存知のスギ花粉が原因で発症しているといわれているスギ花粉症です。
また花粉の飛散時期は植物によって異なり、一年を通してさまざまな花粉が飛散しています。主に、樹木は春、イネ科植物は夏、キク科植物は秋に花粉が飛散するという特徴があります。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/01/post_19.html

花粉症の原因となる植物って?

花粉症の原因植物は大きく樹木と草花に分けられ、代表的植物はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバなどですが、日本の花粉症患者の約80%はスギ花粉が原因で発症しているといわれており、いずれの植物も風によって花粉が運ばれるという共通点があります。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/02/post_64.html

実際に対策していこう!

マスクで対策

マスク選びのポイントとしては、花粉の侵入を防ぐために、鼻と口をしっかり覆えるとともに、隙間を出来るだけ作らないマスクを選ぶことです。最近ではマスクをしていても呼吸をしやすいマスクや、2重の保護膜でしっかり花粉をガードしてくれるマスクなど、様々な工夫を凝らしたマスクが販売されている
http://farmstudycenter.org/mask.html

うがいで対策

花粉症対策として近年、非常に注目を集めているのが「鼻うがい」です。花粉が鼻の中に侵入しても、それを鼻うがいによって一気に洗い流せるため、花粉症対策には絶大な効果があるとされています。鼻うがいを1日1回行うだけで花粉症対策に十分な効果があります。もちろん1日3回程度行っても、より効果を高めてくれます。
http://farmstudycenter.org/ugai.html

鼻うがいのやりかた

鼻うがいで用意するものは37度ぐらいのお湯を100cc、食塩1gです。つまり濃度1%の食塩水です。また、食塩水を入れるコップ…これだけで結構です。初心者の方は、コップの代わりに注射筒があると、より便利に鼻うがいを行うことが出来ます。
鼻うがいはまず、顔を少し傾けて、左右どちらからでもかまわないので鼻に食塩水を0.5cc注入します。ここで、鼻の置くまで食塩水が届いていないと感じたら、さらに0.5cc注入するといいでしょう。ここで顔を傾けすぎると耳に入ってしまう危険性がありますので、余り傾けすぎないように注意する必要があります。
食塩水が鼻の奥に達したのを感じたら、顔を通常の位置に戻して、前にかがめて、食塩水を鼻か口から出します。これを左右2回程度繰り返すだけです。もし、食塩水が出てこなかったとしても、時間が経てば自然と出てきます。鼻をかむなどで無理やり出さないことが大切です。慣れてきたら、両方の鼻で同時に鼻うがいを行うことができるようになります。
http://farmstudycenter.org/ugai.html

洗顔で対策

花粉が顔に付着することで、もちろん花粉症の一般的な症状が現れる可能性もありますが、肌荒れや肌のかゆみを起こしてしまうケースがあるのです。花粉による肌荒れを防ぐためには、肌に優しいとされている「弱酸性」の洗顔料を使用して、優しく丁寧に洗顔を行うことが大切です。外出して帰宅したら丁寧に洗顔を行い、花粉症から自分の身を守りましょう。
http://farmstudycenter.org/sengan.html

洋服生地で対策

花粉症対策のためには花粉がつきにくい生地の服を着ることが大切です。下着は何を着ても特に問題はありませんが、一番上に着る服に関しては、出来るだけつるつるした素材の服を着ることで、洋服に花粉が付着しにくくなります。
また、外出によって多かれ少なかれ服に花粉が付着してしまいます。そのため、自宅に着いたら、玄関を開ける前に、服をはたいたり、洋服ブラシを利用するなどで、出来る限り花粉を落とすようにしましょう。それでも花粉は完全には落ちきらないので、外出した服で部屋の中をウロウロしたりせず、出来るだけすぐに着替えて、ハンガーにかけておくようにすれば、ほぼ完璧といえます。
http://farmstudycenter.org/youhuku.html

メガネで対策

日頃、メガネをかけていない方は、度の入っていない、いわゆるダテメガネをかけるか、もしくはサングラスをかけるのも良いでしょう。メガネには花粉症の入ってくる隙間が大きく開いていますが、メガネを着用するかしないかでは、花粉症対策にも大きな差があるのです。もし、隙間から花粉が入ってくるんじゃないかと気になる場合は、スポーツメガネと呼ばれる汗が入ってこないようにするタイプのメガネをかけるか、花粉症用のゴーグルメガネをかけるのも手です。
メガネで対策 | 花粉症の対策まるわかりサイト

湿度で対策

花粉が飛散しやすいのは晴れて風のある日とされています。そのため、例えばスギ花粉に関しては、花粉症のピークは2~4月とされていますが、その頃の晴れていて穏やかな日ほど、花粉が大量に飛散します。逆に、雨が降っている日は花粉の飛散が少ないのです。これは、花粉が湿度に弱く、雨粒に花粉が吸収されて、地面に落ちてしまうのも要因の一つです。
そこで、花粉症対策として湿度は非常に大きなポイントになります。湿度の高い状態であると、花粉は湿気を吸い込み、自らの重みで地面に落下してしまいます。つまり、部屋の湿度を上げれば、室内にある花粉は、どんどん湿気を吸収することで、空中を漂わなくなるのです。そして、落ちた花粉を掃除機を使って吸い込んだり、雑巾を使ってふき取ってしまうことで、部屋から花粉を取り除くことが出来るのです。また、湿度を上げることで、のどや目などといった粘膜を保護してくれる役割もあるため、花粉から身を守ってくれるのです。
湿度で対策 | 花粉症の対策まるわかりサイト

アロマテラピーで対策

花粉症に効果のあるアロマテラピーとして注目されているのがユーカリやティートリーと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ユーカリといえばコアラが食べるというイメージがありますが、オーストラリアでは傷や感染症の治療にユーカリを使用しており、現代では粘膜の炎症を抑える効果が花粉症にも有効であるとされているのです。

アロマの具体的活用方法

一般的にはエッセンシャルオイルを3%前後に薄めて、部屋にスプレーする方法があります。このときは時々換気を忘れないようにしましょう。また、花粉症対策に使用しているマスクの中にあるガーゼに1~2滴垂らすのも効果があります。直接皮膚に接触しない箇所に付けることが大切です。マスクを使用しない場合はハンカチやティッシュでも問題ありません。
http://farmstudycenter.org/aroma.html

目薬で対策

アレルギー症状の一種でもある花粉症に効く成分が含まれている目薬を購入すると良いでしょう。例えば、目が充血して困るという方には「塩酸テトラヒドロゾリン:を含むものがオススメです。また、「マレイン酸クロルフェニラミン」は目がかゆくて仕方がない場合に、この成分が含まれている目薬を選択すると良いでしょう。また花粉症に伴うアレルギー症状に広く効果を発揮する「クロモグリク酸ナトリウム」配合の目薬もオススメです。
http://farmstudycenter.org/megusuri.html

食生活で対策

花粉症の症状緩和をはじめとしたアレルギー体質の改善のためには、食生活を見直し、和食を多く取り入れるなど、栄養のバランスを考えることが大切だと思われます。これによって、すぐに花粉症がよくなるというわけではありません。長い時間がかかりますが、地道にゆっくりと体質を改善していくことが、花粉症の症状緩和に繋がっていくのです。
http://farmstudycenter.org/syokuseikatu.html

花粉症によく効く食べ物は?

花粉症に効く食べ物といわれているものの多くに共通する成分がポリフェノールです。
ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている、光合成によってできた色素や苦味の成分のことで、約5000種類以上もあると言われています。
またポリフェノールは種類ごとにそれぞれの効用をもっていますが、共通しているのは強い抗酸化作用があることです。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/02/post_60.html

有名なポリフェノールは?

◎赤ワイン⇒プロアントシアジニン◎お茶⇒カテキン◎大豆⇒大豆イソフラボン◎そば⇒ルチン◎赤色色素⇒アントシアニン◎コーヒー⇒クロロゲン酸◎たまねぎ⇒ケルセチンなどが有名です。
花粉症に効く食べ物・料理・食事

花粉症によくない食事

◎油物が多い(カレー・グラタン・てんぷら・揚げ物全般)。
◎外食が多い(好きなものばかりの食生活は×バランスが大切)。
◎洋食(イタリアンなど)が多い。
◎パン中心の食事が多い。
◎甘いものが大好き(口に入って甘いと感じるものは全て含まれます)。
◎卵類を沢山食べている、又は大好き(卵を1日1個から2個以上食べる方は注意)。
◎おもちやせんべいなどの米菓をよく食べる。
◎野菜を毎食、赤白緑と食べていない。
◎タンパク質を食べていない。
◎おかずが多く、高タンパク過ぎる食生活。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/02/post_59.html

花粉症によい食生活

◎炭水化物はご飯のみ(パンなどは1週間に1度までとし、菓子パンなどは避ける)。
◎タンパク質は、肉魚大豆を1食50グラムまで。
◎甘いものは1週間に1度まで。
◎外食・油物は1週間1度まで。
◎野菜を毎食、赤白緑全色取り入れ沢山食べる(温野菜と生野菜をバランスよく取り入れる)。
◎揚げ物は避ける。
◎サラダなどにはマヨネーズは控え、ノンオイルドレッシングで。
◎卵は3日に1度又は1週間に1度まで。
◎もち米類は1週間に1度まで、たくさん食べない。
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/02/post_59.html

https://matome.naver.jp/odai/2133145872533996501
2012年03月13日