【東日本大震災 復興支援】支援したい活動

yoko.goto
東日本大震災の復興支援を行っているプロジェクトなどをまとめています。寄付なども受け付けているので、積極的に支援していきたい活動の数々です。

南三陸町 ホタテキャンドル

南三陸町は、 東日本大震災によって壊滅的被害となりました。
津波にすべて飲み込まれ流失となった町はガレキと化し半年以上過ぎた今もガレキの撤去作業が行われています。 そこで、奇跡的に津波に流されずに残った帆立貝を 浜の女性達が一枚一枚きれいに洗浄して乾燥後、 ろうそくを使用し、一枚ずつ手作業で心をこめて作っております。
キャンドルは1個 ¥1,000。 すべて、浜の女性の収入になります。


https://matome.naver.jp/odai/2131822161439808301/2132295757101375503

復興屋台村 気仙沼横町

気仙沼全体で7割、南町はほぼ100%の飲食店が津波で流された気仙沼。

「復活 港町気仙沼プロジェクト<復興 屋台村 気仙沼横丁>」は、「港町 気仙沼」を支えるもうひとつの顔である、「飲食店の賑わい」を取り戻すために、仮設店舗をひとつのマーケットプレースに集め、「復興 屋台村」を開業・運営していく10年規模計画の起点。
津波で流された飲食業主の仮設店舗を、「屋台村」の運営を通じて、長期的復興支援をすることで、地域の復興にとどまらず、地元民、ボランティア、多くの漁業関係者、観光客が集まる「被災地の観光化」の第一歩となる活動。


https://matome.naver.jp/odai/2131822161439808301/2132165958386734203

https://matome.naver.jp/odai/2131822161439808301/2132165953486734003

和 〜Ring Project〜

岩手県釜石市のガレキ・大槌町のガレキをキーホルダーに。

『和』と『釜石・大槌』・そしてあの日を刻印。
所有者の許可を頂いて、津波で流されたガレキを拾い集め、キーホルダーにしています。
『あの日を忘れない』為に、震災のあった日。【2011.3.11】も焼き付いています。
一つ一つ手作り。
「和」の文字は大槌町の書道家、高橋卓也君が書いています。

魚竜の湯

宮城県本吉郡南三陸町歌津。東日本大震災の被災地の中でも、特に大きな被害を受けた町。
水・電気・ガス・通信。全てのライフラインが途絶えた状態中で、歌津中学校という歌津地区の中核の避難所で、仮設の無料の公衆浴場が生まれた。

それが、「魚竜の湯」。

避難所付属の無料浴場としての「魚竜の湯」は、9月30日を以って、一度幕を閉じ、地域の方々の生活再建が新たなステージに入り、「魚竜の湯」も新たなステージに。
新しい「魚竜の湯」は、銭湯付きコミュニティスペースとして生まれ変わります。みなさまからの支援を募集中。
(サイトより引用)

【新「魚竜の湯」計画】「魚竜の湯」Webサイトができたー。まだ改善すべき点は残っているけれど、まあ公開できるくらいにはなったので、公開します。 thermae-utatsus.com 新「魚竜の湯」計画への支援を乞うプレゼンのような内容になっています。

復興食堂

復興食堂

▼OFFICAL WEB SITE

NPO法人・犬猫みなしご救援隊

ボランティア募集 NPO法人 犬猫みなしご救援隊 – 公式サイト –

東京里帰りプロジェクト

東京都助産師会による、東日本大震災で被災されている妊産婦さん受け入れプロジェクト。被災地から東京へ避難を希望する妊産婦さんを受入れ、安心して出産・産前産後の生活を送っていただくためのプロジェクトです。

北いわき 再生発展プロジェクトチーム

ISHINOMAKI 2.0

被災商店街の空き店舗を宿泊施設に「復興民泊プロジェクト」と銘打った取り組みが、宮城県石巻市で始まった。全国からの支援者の宿泊需要に応じつつ、「シャッター街」ににぎわいを呼ぶのが狙いで、発起人に名を連ねる横浜市の建築家小泉瑛一さん(26)は「簡易宿泊所のような感覚で利用してほしい」と期待を込める。

東北被災地支援 お芝居ワークショップ「プチミュ!」

プチミュ
東北被災地支援のための活動です。
東北被災地支援活動として、 吉本興業等、多数の舞台演出を手がける 演出家・高梨由とのコラボ企画で、 『プチミュ!シアター ~こども劇場~』 というイベントを被災地において開催。子供たちが数日間のお芝居ワークショップを経て、ステージ出演者として舞台『プチミュ!シアター ~こども劇場~』に立つ、 TRAPPER(主宰者 高梨由)とPurismの共同企画の、 東日本大震災・津波による被災地支援イベント。

※「プチミュ!」とはプチミュージカルの略。

▼OFFICAL WEB SITE

東北関東大震災ボランティア 美味しい食べ物届け隊

被災地への炊き出し活動を主な行動。
各地のプロフェッショナル料理人、有志によって構成される団体。
安全で温かく美味しいお料理をあじわっていただくことを目的に独自のボランティア活動をしている。

被災地の赤ちゃんの為に出来る事

被災地の赤ちゃんの為に出来る事
東日本大震災での被災した者赤ちゃんと赤ちゃんをを支えるその家族へ、 個別に活動することによって、 確実に物資をお届けする支援活動を行っています。
アマゾンジャパン株式会社の「支援団体」。
「Amazon.co.jpのたすけおうNippon」のトップページの「東日本大震災ほしい物リスト」で購入可能。
購入すると、直接主催者の所に商品が届けられ、被災地に届けられます。

▼OFFICAL WEB SITE

みんなで震災復興支援

東日本大震災の息の長い支援を継続するために、情報発信を応援するFacebookページです。震災の情報をまとめてアップします。

https://matome.naver.jp/odai/2131822161439808301
2011年12月04日