実は中より小のほうがお得な居酒屋のビール【雑学】

naochiss
都市伝説「居酒屋のビールは中ジョッキのほうが高いけど、じつは小と量は同じ」を検証。

都市伝説「居酒屋のビールは中ジョッキのほうが高いけど、じつは小と量は同じ」を検証。

検証結果

1軒目は、グループで数百店舗を数える大手居酒屋チェーン店。
ビールの小と中ジョッキを注文し、店員さんから冷ややかな目で見つめられる中、計量を始める。
見た目では、小と中の差はひと回り、といったところか。
結果は、小(379円)に200cc、中(479円)には270ccのビールが注がれていた。
量と値段の関係に問題はない。

しかし、中ジョッキの量がじつは他店の小と同じ、という恐るべきカラクリを、取材を通じて我々は知ってしまった….。

2軒目の焼き鳥居酒屋、3軒目のダイニングバーでは、なんと中と小の量がほとんど同じ、という結果に。

でもなぜ「中」のほうが量が多く見えるのか??

よく見ると、ジョッキの底やガラスの厚さを変えて、大きくても中身は少なめ、という状態にしているようだ。

これからはジョッキ観察をしたほうが良いのかも…

小、中が同じ量どころか、逆転現象が起きている店舗も…

そして、驚く結果が出たお店も。ヘルシーメニューで女性にも人気の某和風居酒屋では、中が240ccで410円、小が270ccで347円。小が中より量が多いという、逆転現象が起きていた。

すごい…こんなこともあるんですね。
お店によってだいぶ差もありそうです。

結果論

一部例外のお店を除いて「どうせ2杯飲むんだから中ジョッキにしよう!」という発想は間違いということ。小ジョッキを何度もお代わりしたほうがお得なのだ。もちろん、店員さんのビールを注ぐテクニックにもよりますが。

都市伝説ではなく、本当に「小」のほうがお得!とは驚きです。
気分的には「生中で…」と言いたいところですが、お得に美味しく飲むならば「小」を頼んだほうがよさそうです!ビール好きな方には、知って損はしない豆知識ですね(*^-^)

https://matome.naver.jp/odai/2131442807987514601
2011年09月07日