【騒ぎすぎ?】福島原発の放射能漏れは心配無用という著名人の意見を集めてみた【安全厨vs危険厨】

hi-zakky
福島原発の放射能がダダ漏れなんですが、中には「騒ぎすぎ」「心配することが精神衛生上よくない」といった意見もあり、実際のところどうなんだろう、と思い、主に放射能漏れは心配不要としている専門家や著名人などの意見を集めてみました。誤解しないでほしいのは、私は別に放射能安全安心派ではないです。

稲恭宏氏 【医学博士 東京大学】

この稲 恭宏博士の「とちぎテレビ」での主張は・・・

「福島原発の放射線は、悪い影響は全くありません!」
「野菜も魚も水道水も全く問題ありません!」「乳幼児でも問題ありません!」
「チェルノブイリ原発事故のデータを元にした政府の基準は間違っています」
「これが農産物、水産物に風評被害を与えて、農林水産業の皆さんを苦しめています」
「医学的、科学的に私の論文をきちんと読んで勉強して欲しい」
「放射性物質を含む飲食物に関する基準も、全くナンセンスで農家の方々が可哀想です」
「全く心配いりません」

・・・というものです。
稲 恭宏博士「福島原発の放射線は全く心配いりません」・博士が関わる放射線療法 と化粧品との関係は・・・? You Tube – 青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ – Yahoo!ブログ

高田純氏 【理学博士 札幌医科大学医学部物理学教室教授】

チャンネル桜の特別番組に出演し、

①日本の原子力発電の耐震技術は世界一と言われており、今回もM9.0という想定外の地震から原子炉を守ったことは後に専門家から評価されるだろう、
②現在、放射能漏れによる外部被曝が懸念されているが、発電所から10-20キロ離れた地域外の福島県民の線量レベルは通常の人がレントゲン撮影する際に受ける程度で「安全」である、
③外部被曝のほか空気や汚染された飲料水・食料を摂取することによる内部被曝についても、心配な県民は毎日30グラムの乾燥昆布を食べれば100ミリグラムのヨー素が接種でき、甲状腺防御に充分対応できるので懸念には及ばない

ーなどと語った。
騒ぎすぎ放射能漏れ、心配ない!:イザ!

松本義久氏 【東京工業大学准教授 原子炉工学研究所 物質工学部門】

松本氏は、暫定基準より高い放射線量が検出された野菜や牛乳について、

「あのレベル量ならばホウレンソウだったら、《300年分》の量を食べれば身体に何らかの影響が出る程度。私なら子供や家族みんなで福島産の野菜も牛乳も美味しくいただく。
水道水も安全。洗濯物も外に干しても大丈夫。放射性物質は人間の場合は遺伝しない。放射能は水で洗えば10分の1以下に落ちる。そもそも野菜の測定方法は、収穫して軽く土を落とした状態で測定するため、実際に食べるときの放射線量とは異なるから」

・・・などなど、まったく安全なレベルなので心配する必要はまったくありません、と話した。
東工大・松本義久准教授、「放射能汚染された食品、食べても大丈夫」(テレビ朝日) 馬鹿まるだし

東京工業大学原子炉工学研究所松本義久准教授は、
チェルノブイリ原発事故は死者15人と言うことで、
全く大したことが無いと言う。
放射能心配ない 「チェルノブイリ原発事故では、放射性物質や核燃料で死亡した住民はいなかった」「甲状腺がん死亡は15人」[4/1] – maachangの日記

長瀧重信氏 【元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長】

チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに15名が亡くなっている。福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。
チェルノブイリ事故との比較 – 東日本大震災への対応 -首相官邸ホームページ-

「でその今水についてあるいはミルクについてヨウ素131の制限がありますけれども、これはあの、チェルノブイリの事故によりまして我々初めてヨウ素131が子供の甲状腺癌をおこすということを、がわかったんですね。」
「それで初めてわかったもんですから、非常に興奮して、まあ予防しなければということで、かなり厳しい基準を作った。で甲状腺にはこれ以上浴びた被ばくがあるときには、なにかこう対策を講じる。」
「それを1年間かかって甲状腺に入る量、ゆうことで決めたのが今の食品の基準でありますから。」
「今ちょっと考、詳しくお話ししましたけれども、そういう意味で非常に厳しい安全側をとった量であると、いうことをまああのご理解いただきたいということなんで。それから子どもを中心にして、チェルノブイリで起こりましたので、これはもう子どもを守るということで、まあ意味があるということなんですね。」
長瀧重信「スリーマイル・チェルノブイリを遥かに超えて異常が続いている」(ニュース文字おこし):ざまあみやがれい!

http://www.youtube.com/watch?v=7PEXgxctzzI

山本祐輔氏 【京都大大学院情報学研究科特定助教(社会情報学)】

「放射能に敏感で専門知識には乏しいネット利用者の場合、『原発は危ない』という表層的な情報に飛びついてしまう。自分はその情報を知っているという優越感からブログに転載し、連鎖していく」
【放射能漏れ】ネット上に反原発“バイブル”拡散 専門家「不安あおっているだけ」 +(2/2ページ) – MSN産経ニュース

村上隆氏 【現代美術家、ポップアーティスト】

しかし脱原発を願うみなさんは、25年前の広瀬隆「危険な話し」大ブーム時の失敗と挫折の構造を徹底分析した方がいいよ。今のヒステリー状態、25年前とそっくり。そのうちカルト化してくるんです。
Twitter

テレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会 4/17放送」

・放射線は活性酸素が増えるだけ。活性酸素は運動飲み過ぎ食べ過ぎ酒タバコでも増える。
・日常の活性酸素で一日7万~100万個のDNA損傷が起き日々修復されてるが100ミリSv浴びると損傷が200個増えるだけ
・放射線は累積だと影響は1/10以下にもなるので今の放射線量なら20km圏内でも家に帰って問題なし。
・ICRPが定める年間1ミリSv以下は初期に決めただ都合の良い数字。
・毎日放射線を浴びてる国際線のパイロットは逆に発癌率が低いデータがある。
・ほうれん草や魚も今のレベルなら全く危険はない。
・台湾のビルの鉄筋にコバルトが混入され、約1万人が平均年49ミリSv被爆したが被爆者を調査した結果癌死亡率は激減した。
・米国原子力船者業者、放射線科医、プルトニウム作業者などのデータも癌死亡率は減った。
・多すぎる放射線量は危険だがどの程度から危険かはわからない。わからないが年1000ミリSvまでなら大丈夫。
・活性酸素が増えるのは軽い運動は体に良いと同じ理屈。だがタバコは毒素が強いので当てはまらない。
・昆布やわかめは放射線対策に効果ある
・ハードゲイの教授「武田先生の100倍信頼出来る」
「放射線は体に良い」「20km圏内でも家に帰っていい」 今日のたかじんが説得力あって危険厨死亡

ひろゆき 【元2ちゃんねる管理人】

科学者の人も言ってますけど、東京に住んでいるのに「放射線が怖い」と言って飛行機に乗って逃げている人は、もうちょっと物事を調べたほうがいいと思うんですよね。「放射線は少しでも危険だから少しでも被曝しないほうがいい」と考えている人もいるようですが、放射線の被曝は醤油みたいなものなのですね。いきなり醤油を1リットルとか飲むと死にますけど、適量を摂り続けても危険なことはなかったりします。
この際日本のため…ひろゆき、気になる原発作業の「中抜き」 – ZAK×SPA! – ZAKZAK

堀江貴文 【ホリエモン】

堀江貴文のブログでは言えない話

・ホリエモン氏が東京から逃げない理由
Twitterユーザー  堀江さんの落ち着き様は何か特別な情報網があるとか?
ホリエモン  全く。いま流れている情報を総合的に判断すれば東京は少なくとも原発を心配する必要はない。地震はいつでも起こることは織り込み済み。

Twitterユーザー  すごく気になるのですが、なぜ逃げる逃げるというような意見がとびかっているのですか?
ホリエモン  情報弱者なんでしょう。みんな。

Twitterユーザー  でも、いざ東京がヤバくなったら、ヒルズ関係の知り合いのヘリコプターに乗って脱出可能とみた。
ホリエモン  馬鹿だな。そんなことする位ならいまのうちに脱出してるわ。そういう可能性がないから東京いるの。

ほかにもホリエモン氏は、他のTwitterユーザーの
「チェルノブイリ並みでも東京は安全です。そういう所に原発を建設しています」
という言葉を引用して紹介している。

どうやら、ホリエモン氏としてはいまの状況であれば東京は安全と考えているようだ。
【地震】放射能が漏れてもホリエモンが東京から逃げない理由 – ロケットニュース24(β)

一番やばいのは東京から人がいなくなって経済が回らなくなる事。自粛ムードで経済を停滞させること。ほんとはどんどん経済回さないといけない。なのに節約自粛だと本当に日本経済がクラッシュする。放射能よりも怖いのはそっちだ。
https://matome.naver.jp/odai/2130655823432479201
2011年05月30日