★アーティスティックな傑作PV集[国外編]★

ed8v
スタイリッシュな映像表現。魅力的な演出。音との一体感。プロモーションビデオは優れた映像作品の宝庫です。個人的に興味を惹かれた海外のPVをまとめていきたいと思います。

Brian Wayne Transeau、通称BT。「Synth Wizard」と呼ばれる彼の音楽と同様にPVも芸術的。

現実世界とアニメーションの絶妙な融合。いつもの日常も見方を変えればこんなにポップでユニークな世界になる。

オランダの映像作家Superelectricと協力して作り上げられたこのPVは2008年に発表され、数多くの賞を受賞。パラパラ漫画というシンプルな手法が逆に新鮮です。

夢と現実は表裏一体。Michel Gondryが紡ぎ出す奇妙な映像世界の住人を演じるメンバーにも注目。

Vocalのコリィ・テイラー・Lead Guitarのジェイムズ・ルートはかの”猟奇趣味的激烈音楽集団”SlipKnoTのメンバー。動から静へ一瞬で転じてしまうので目が離せない。

写真の中でアニメイトされる風景や人物。それが実写と合わさることでひとつの世界を構成している。タイトルに偽りなし。

イスラエルの映像作家Yuval&Merav Nathanによる作品。本作のために撮られた写真は3,000枚、撮影には二日間かかったという。

身近なTシャツにもストーリーがある。シンプルなアイデアだがパターンが豊富で飽きない。
http://www.youtube.com/watch?v=nUhSoF3HF1Q
Underworldも設立に携わったデザイン集団TOMATOが制作した作品。映像と音のバランスが心地良い。リラックス。

Radioheadのフロントマン、Thom Yorkeのソロ作品。静止画を動画に仕立てた奇妙な世界に引き込まれる。

ブロックを使用したコマ撮りアニメーションがシンプルかつダイナミックに演奏を表現している。

PVもバンド名の通りです。手書きアニメーションの荒々さがスリリングです。心臓を抉り出すシーンなんか圧巻です。

FATBOY SLIMの愛弟子Space CowboyことNicolas Drestiがゲームの世界を闊歩する。

アンソニーがタクシーに乗り込む。運転手はRed Hot Chili Peppersの熱狂的なファン。運転手に半ば誘拐されたアンソニーをフリーとジョンが助けにいく。ちなみにチャドは最後にタクシー運転手に誘拐される役。

PVというよりショートフィルムみたいな作品。

ループした世界が重なり合い不思議な映像に仕上がっている。日常に少し手を加えることで非日常を作り出すMichel Gondry得意のパターン。某携帯電話のCMでもこのアイデアが使われている。

ストレートにライブ感が伝わる。まさにロック!!

進化論がテーマのPV。最終的に辿り着いたのは?モーフィングが効果的に使用されている。
http://www.youtube.com/watch?v=so9DBHCo64Q
そのボタンを押すと何かが起こる。コミカルでハチャメチャなも楽しい作品。

個人的に凄いPVと言えばMichel Gondryが制作したこの作品。一見車窓からの風景を延々と撮影しているように感じるが音とのシンクロに気づいたときに驚嘆する。
https://matome.naver.jp/odai/2129675242571611001
2018年06月29日