日本のウイスキー蒸留所 ~ジャパニーズウイスキーの故郷を訪ねる。~

zelkova
日本が世界に誇るジャパニーズウイスキー。おいしいウイスキーは、豊かな水と自然があるところで生まれます。蒸留所を訪問してからウイスキーを飲めば、また違った味わいになることでしょう。蒸留所では見学、試飲、勉強会、ウィスキー造りなど様々な体験が可能。日本各地のウイスキー蒸留所へのお誘いです。

宮城峡蒸溜所-ニッカウヰスキー

ウィスキー竹鶴政孝が選んだ第二のウイスキー造りの理想郷。それが、東北の深い山間にある宮城峡蒸溜所である。深い緑の中にある蒸溜所。訪れた人は誰もがそう感じるだろう。
それもそのはず、「樹を切るな、自然の地形をそのまま残せ」と竹鶴は言ったという。竹鶴のウイスキー哲学の原点を感じる。宮城峡蒸留所で、造られたウイスキーは、なぜか、やさしい味がする。
そして、宮城峡には世界でも珍しいカフェ式蒸留器がある。ポットスチルに比べて格段の手間と技術が必要という。効率良くアルコールを抽出するだけなら、他にもたくさんあるだろう。蒸留技術者たちのこだわりが、この蒸溜所にはある。

余市蒸溜所-ニッカウヰスキー

日本のウイスキーの父。ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が、本場のスコッチ・ウイスキーを越えるウイスキーを造るべく理想の地を求めてたどり着いたのが北海道の海沿いにある余市。ニッカウヰスキーの創業の地である。
余市の駅をおりると、歴史を感じさせるレンガ造りの建物が視線の先にある。そこが余市蒸留所だ。スコットランドと風土、気候が似ていることからこの地が選ばれたという。門を潜るとスッコットランドにいるような錯覚に陥る。余市のウイスキーは力強い。日本で本物のスコッチウイスキーを造るべく情熱を燃やした男の魂を感じずにはいられない。

山崎蒸溜所 -サントリー

ジャパニーズウイスキー誕生の地。この蒸留所を知らずして日本のウイスキーを語ることなかれ。山崎では千利休も愛した銘水をマザーウォーターにしている。やさしいウイスキーに仕上がっている。
日本のウイスキーの父といわれ、後のニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が初代工場長。しかし、サントリーの歴史からは竹鶴の名前を見ることはない。国産ウイスキーの父。サントリーの初代ブレンダー鳥井信治郎とのウイスキー造りの哲学の違いから袂を分けたと言われる。
しかし、この山崎蒸留所を訪れた人は偉大な二人の存在を感じずにはいられない。きっと、二人は侃々諤々とこの場所でウイスキーについて今日も語っているのではないだろうか。

https://matome.naver.jp/odai/2124695506873716343
2010年10月22日